Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
finetune
Others

TOY☆BOX

一日茶弐半暖饕
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
冬眠
冬なのでブログ休もう。さむくてパソコンするのつらいもん。おかしいなあ。去年までは冬こそネットの季節だったんだけどなあ。時々なにか面白いことあったら書きに来る。

うち等のみっともない記事は非表示にしとこ。DVで悩んでる人が来てくれてたのなら逃げ腰ぽくて申し訳ないけど、しばらく放置するのにこのままじゃ後味悪くて。ここまで来たら、生暖かく彼を見守って行きたいと言う気持ちもあるし。

しかしペンは剣より強しと言うけど、今回に限ってはその通りだった。なんかしょうに合わないけど、まあいいのだ。過ぎたことは気にしるまい。

多分うち等はうまく行くと思います。なんやかんや言って仲がよいし、私がこうなのも、彼がああなのも、わけあってそうなんであって、わけさえわかれば一緒にそれに対処していけばいいわけで、あれやこれやそれと老化が滲み出てる文章で締めくくり。さらぶわ。
Posted by Kco.
diary / 06:55 / comments(0) / trackbacks(0)
白い夢
さむがりなので随分早めにコタツを出していたのだけど、どうも昨日はコタツで眠ってしまっていたらしい。正確に言うと、コタツの横に布団を敷いて寝てた。なぜだ。足先だけ暖めていたのだと思うのだけど、電気付いてなかったし…。

起きたら父君と祖父がコタツであたたまっていた。お互い言葉すくなで部屋を見渡しているので「世にはプレステなんちゅうもんが出回ってるんですよ」と彼等にゲームをすすめてみた。

遊び好きの父君は(厳格な人だけど興味は持っていた)大層喜んでいた。うれしくて私もわかる限り説明をした。

「Kさん(祖父)とは話しをしましたか?」そう父君に伺うと「いや、まだ」と言う。「話した方がいいと思うよ」と促すと「お前だって逃げてばかりじゃないか」と駄々をこねはじめた。「逃げているのかな」「病気だって聞いたぞ。逃げの姿勢のあらわれだ」「よくわからないけど、ほら、話してご覧」

日のよくさす暖かい日で、緊張とは無縁だった。彼等が話しはじめた所でコーヒーでも入れようと思って席を立った。「お茶の方がいいかな?」そう振り返ったら、明るい日差しはそのままで2人ともいなかった。

彼等が亡くなっていることには気付いてた。夢から覚めたんだと思って湯を沸かすのをやめてコタツに戻った。立って目が覚めるのは久しぶりだ。なぜかなにかが終わったような安堵感が残っていた。

でもさ、昨日雨だったよね。そこら辺まだ夢見てたんだね( ;谷)
Posted by Kco.
diary / 07:54 / comments(0) / trackbacks(0)
再出発
テンパッた秋だった。夏バテじゃないけどちょっと疲れたな。無理してなんかがドカンと来ないように気をつけよう。

日が経つのが早く感じられる。日記も数日開いたけど言うほどのもんじゃないか。

しかし作ったはずのビーフシチューがカレーになってて「ウッカリ君だ」と笑って済ませたのだけど、実はシチューを作っていたのは1週間前のことだったと言うオチ。オチいらない。なにより似たようなモンばっか作ってることに辟易。

そもそもなんでカレーを作ったら日記に書いてしまうんだろう。カレーしか作らん人みたいじゃないか。旦那君はカレーが大好きだ。だけど私は苦手。どうしてもカレーを回避してしまうわけで、作った日には「えらいよ自分」とほめたくなるのってのはある。
続きを読む >>
Posted by Kco.
diary / 04:47 / comments(0) / trackbacks(1)
キャメラ
迷子になるからってことで(ここ一年は無事)プリケーを持たされている。持ってるんじゃなく、持たされてる。機能なくてつまらんのも。写真が撮れるヤツ欲しいよパパ!

物欲に支配されてみる。物欲の秋。

と言うか、カメラが使えないんだよな。ここ景色いいのに。雲とか光線具合とか雨とか風とか「今だ!」って時になにもないのが悔しい。

だったらカメラ治せばいいか。そうだね。そうだよその通りだよ。でも携帯の写真って手ごろで便利じゃんよ。ブログにバシバシのせれるぶわい?
Posted by Kco.
diary / 16:10 / comments(0) / trackbacks(0)
夏の思い出
もう7年前のことになるんだなあ。旦那君と付き合いはじめたばかりの夏の思い出。

あの日、うち等2人と、旦那君の友達のF君、その彼女(自称愛人)のAちゃんと言う面子で、ボンボンであるF君の別荘に乗り込んだんだ。招かれると言うより、忍び込んだ感に近い。

行きしなの音楽はフライング・ダッチマン・ファンク・ジャズ・クラシックス。私のお気に入りはレオン・トーマスのヨーデル唱法。

ヨイレイヒ〜♪フモモモモモモフォ、フモ!フモオ!!と絶頂に達する頃には私も失神せんばかりに笑い転げてて、外野は…、覚えてない。Aちゃんから冷や水浴びせかけられたのはとりあえず。

人の面白がる様って、ある意味最高に最低だもんね。面識もない年上の女性から「なにがそんなに楽しいの」「笑いすぎ」と真顔で言われて痛くないはずないんだけど、止まらんのよ。

今、かの曲をエンドレスで流してるんだけど、ちっとも笑わずにいられる。でもこれ、笑いのツボに入ったらやばいって。危険きけん。

その夜はAちゃん除く3人総出で垂れ流しのセクハラ状態だった。しかしAちゃんのえらい所は「大人な関係」を楽しみに来た当初の姿勢を崩すことなく、最後まで貫いたこと。

うち等2人がアッパラパーならまだしも、F君はもっとアッパラパーなわけで、並の神経だったらぶち切れてるはず。つまるところ、彼女もいっちゃってたのかもしれない。

そんなAちゃんともすっかり打ち解け、好き勝手に語り合った。下品極まりない私の言動と、夢見がちな彼女の言動は丸っきり行き違っていたけど、そんなん煮過ぎたうどんスキ状態の夜には関係ないんである。

その後は目まぐるしく色々あった。F君もAちゃんも元気にしてるんだろうか。もうどっちとも連絡取れないよ。寂しいねえ。

最近心情面でドタバタしていたせいか、なぜか疲れることを思い出してしまった。連鎖っておそろしい。ダッチマン、消そう。
Posted by Kco.
music / 23:46 / comments(0) / trackbacks(0)
80歳までにはマスター!
ギター弾いたことないけど、メタリカ聴いてたら興味がわくんだよな。旦那君は「じゃあコピーしよう」と言うんだけど、よくわかんないんだけど、それって…、無茶?

いや、どう考えても無茶だと…。え?やる前からへこたれるな?そりゃそうだけど…。なになに、メタルマスター?いや…、それはいくらなんでも無茶でしょう。それ位はわかるぞこのヤロウ!!

てな感じでギターの方は停滞したまま。喧嘩してたらそんなんも無理だよね。非生産的だ。やめだやめ、喧嘩はやめだ。

ギターなあ、基礎から教えてくれる所に行きたいな。旦那君、調子乗るばかりで教えてくれなさそうだし。

…。あいあい、独学しますよ(泣
Posted by Kco.
music / 17:34 / comments(4) / trackbacks(0)
落ち着きたい
息の詰まるようなことばかり考えてたらしんどいや。やらなくちゃいけないことをリストアップしておこう。

きのこオレンジ年賀状の準備
きのこオレンジ引越しの届出を管理人さんに提出
きのこオレンジ引越し業者を決める
きのこオレンジ夏服の箱詰め
きのこオレンジ電話と洗濯機とテーブルを決める
きのこオレンジDV克服の援助施設を探す

家を建てる前から(そもそも結婚する前から)離婚じゃなんじゃ言い合ってきた(私が一方的に)んだけど、やっとこ落ち着こうとしているここ最近。疲れたらFTOの狭い後部座席で寝るような生活ともオサラバできるかもしれない。

もし彼がDV克服できたら、その時は私もこの結婚、認められると思う。本物の夫婦としてやり直すよ。
Posted by Kco.
diary / 00:35 / comments(2) / trackbacks(0)
あーあーあー
今日もいい天気だ。
Posted by Kco.
diary / 08:00 / comments(0) / trackbacks(0)
今日の出来事
やっぱカリウム不足は怖いやってことで、苦手なバナナを食べるようにしている。4日続けて少しむくみが引いた。気がする。ウエストがあるよ(笑)朝と、吐いたら必ず食べるように習慣付けよう。バナナは吐いちゃ駄目。吐かずにすむのは良い兆候。

摂食障害の話しついでに、最近になって肝脂肪が気になりはじめた。過食嘔吐の形態も変わってきたし、歳の問題もある。と言うことで、今日は歩いて買い物に行ってきた。1人の外出は1ヶ月ぶりかな。これからも買い物は歩きにしよう。

しかし図体ばかりデカくて心臓はノミのそれなんで耳が引きつっていけない。後ろの音が気になってウサギみたいになってしまうのだ。やっぱ男性用の服を全て処分したのはまずかったなと思う。でも、外出時の白昼夢みたいなのはそうすることで抑えられる気がしてたから…。

やっぱ積木と私は馴染んでしまったのかな。思いがけないことを言ってしまう。嘘やでっちあげではなく、白々しいほど忘れてた気持ちが思い出されるのだ。男性用の服を捨てたのは、男性人格の表出を抑止しようとしたためだ。しかも、診断を受けても人格のことは認めなかったから、こう言う陰にこもった表現になる。

さっきも歩きながらある出来事を思い出してた。嗚呼、私は結婚を拒絶したんだな。そしてひどい暴力を受けて着の身着のまま逃げたんだ。お使いを頼まれて、エプロンにサンダルを引っ掛けたまま、そのまま駅に向かった。京都に向かったはずなのに、気が付けば福岡の見慣れた街中に立っていた。妹に電話を掛けて合流。その後のことは私もよく知っている。
Posted by Kco.
diary / 19:52 / comments(0) / trackbacks(2)
ぎょえ
わはは。記事が消えた。書いてスッキリしたし、まあいっか。
Posted by Kco.
diary / 00:23 / comments(0) / trackbacks(0)