Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
finetune
Others

TOY☆BOX

一日茶弐半暖饕
<< 80歳までにはマスター! | main | キャメラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
夏の思い出
もう7年前のことになるんだなあ。旦那君と付き合いはじめたばかりの夏の思い出。

あの日、うち等2人と、旦那君の友達のF君、その彼女(自称愛人)のAちゃんと言う面子で、ボンボンであるF君の別荘に乗り込んだんだ。招かれると言うより、忍び込んだ感に近い。

行きしなの音楽はフライング・ダッチマン・ファンク・ジャズ・クラシックス。私のお気に入りはレオン・トーマスのヨーデル唱法。

ヨイレイヒ〜♪フモモモモモモフォ、フモ!フモオ!!と絶頂に達する頃には私も失神せんばかりに笑い転げてて、外野は…、覚えてない。Aちゃんから冷や水浴びせかけられたのはとりあえず。

人の面白がる様って、ある意味最高に最低だもんね。面識もない年上の女性から「なにがそんなに楽しいの」「笑いすぎ」と真顔で言われて痛くないはずないんだけど、止まらんのよ。

今、かの曲をエンドレスで流してるんだけど、ちっとも笑わずにいられる。でもこれ、笑いのツボに入ったらやばいって。危険きけん。

その夜はAちゃん除く3人総出で垂れ流しのセクハラ状態だった。しかしAちゃんのえらい所は「大人な関係」を楽しみに来た当初の姿勢を崩すことなく、最後まで貫いたこと。

うち等2人がアッパラパーならまだしも、F君はもっとアッパラパーなわけで、並の神経だったらぶち切れてるはず。つまるところ、彼女もいっちゃってたのかもしれない。

そんなAちゃんともすっかり打ち解け、好き勝手に語り合った。下品極まりない私の言動と、夢見がちな彼女の言動は丸っきり行き違っていたけど、そんなん煮過ぎたうどんスキ状態の夜には関係ないんである。

その後は目まぐるしく色々あった。F君もAちゃんも元気にしてるんだろうか。もうどっちとも連絡取れないよ。寂しいねえ。

最近心情面でドタバタしていたせいか、なぜか疲れることを思い出してしまった。連鎖っておそろしい。ダッチマン、消そう。
Posted by Kco.
music / 23:46 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 23:46 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://sea-girt.jugem.jp/trackback/248
TRACKBACK